RAL-2496UT1

ラトックプレミア オリジナル製品

  • RAL-2496UT1
  • オーディオ専用クロック搭載。アシンクロナスモードによる揺るぎない再生能力
  • 24bit/96kHz対応
  • USB Digital Audioトランスポート
  • 標準価格 ¥54,000
  • RAL-2496UT1
  • RAL-2496UT1

 
 

USBからの音楽データをオーディオ信号に変換

本製品は、パソコンのUSBポートから入力したオーディオデータを、デジタル(光/同軸)またはアナログ(RCA/ヘッドホン)から出力する、高サンプリングレート対応USBオーディオトランスポートです。オーディオ専用クロックを使用したアシンクロナスモードの採用により、デジタル接続で課題となるジッターの低減を実現しています。

HDオーディオ 24bit/96kHz、24bit/88.2kHzに対応

16bit/24bit、44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHzの各オーディオフォーマットに対応しています。
HD Audio LinnRecordやベルリンフィル、ボストンシンフォニーなど、高サンプリングレート(24bit/96kHz、24bit/88.2kHz)の音楽配信再生時も、そのままの音質を引き出すことができます。

オーディオ専用クロックを生成するための
発振回路を搭載

従来の16bit/48kHz、44.1kHz対応USB DACなどでは、USBの1フレーム期間(1mS) 内に転送されたアイソクロナスパケットのデータ数(サンプリングレートの1/1000個。16bit/48kHz の場合は48個のサンプリングデータ) に追従してオーディオ用のクロックを作成していました。しかし、この方法はループフィルタへの外部ノイズや電源ノイズの影響を受けやすく、これがオーディオクロックのジッ ターとなって音質に影響を与えていました。本製品は、内部に独立したオーディオ専用クロックの発振回路を持ち、アシンクロナスモードでコントローラを動作させています。パケットのデータ数から クロックを作成するのではなく、自前のクロックを基準 にサンプリングクロックおよびオーディオデータストリームを作成しているため、ジッターの少ない安定したオーディオクロックとデジタルオーディオストリームを生成し、音質を向上させています。<図1>

ノイズ除去に配慮した設計

パソコンとのUSB接続や外部機器とのケーブル接続により侵入するノイズの影響を排除するため、コモンモードフィルタと静電破壊防止回路を実装しました。USBバスパワーからのノイズは、回路ブロックごとに独立したフィルタなどを実装することで抑えています。さらに、内部のデジタルノイズは、外部に放射しないようEMI対策を施しています。

ヘッドホンアンプとしても使用可能

本製品の前面には、ヘッドホン出力とヘッドホン用ボリュームを装備。本製品単体で、HD音質再生可能なUSB接続ヘッドホンアンプとして使用できます。

RAL-2496UT1

<図1>本製品と一般的なUSBオーディアアダプターを比較

デジタル(光/同軸)・アナログ(RCA)出力装備

RAL-2496UT1

オーディオ出力端子は、デジタルとアナログの両対応。デジタルでは、S/PDIF光デジタル出力に加え、同軸デジタル出力も装備。パソコンの音楽データを、D/Aコンバータ等の外部オーディオ機器に入力することができます。本製品にはDACを内蔵し、アナログオーディオ出力も可能です。<図2>

USBポートに簡単接続、
特別なドライバーインストール不要

USBポートに装着すると、OS標準ドライバーが自動でインストール。USBオーディオとして動作するため、面倒な専用ドライバーソフトのインストール作業は必要ありません。

USBバスパワーのみで動作

USBポートからのバスパワーで動作するので、ACアダプターは必要ありません。また、本製品には、USBバスパワーやGNDラインを通して回り込むノイズの影響を避けるため、回路ブロックごとに独立したフィルタを実装。外部電源なしに使える手軽さを備えつつ、ノイズを低減した安定動作を実現しています。

コンパクトサイズ

外形寸法は、約100(W)×83(D)×43(H)mm(突起部含まず)のコンパクトサイズ。高級オーディオシステムになじむデザインを採用。

多彩な再生ソフトウェアが使用可能

iTunesやMediaPlayer、foobar2000をはじめ、パソコン内蔵サウンドから再生可能なアプリケーションであれば、再生ソフトを選びません。NAXOSなどのネットワークストリーミング再生も、もちろん高音質で楽しめます。

iTunes

ご注意ください
※24bit/96kHz、24bit/88.2kHzなどの高サンプリングレートの音楽を再生するためには、MediaPlayerやiTunes(QuickTime)などアプリケーション側の設定が必要です。

製品情報