RAL -RATOC Audio Lab-
images

2016.02.12 新製品

DSD256,L-PCM 最高24bit/384kHzのハイレゾ音源を忠実に再生
24bit/192kHz対応の光デジタル入力も搭載した
据置型フルバランスヘッドホンアンプ

ラトックシステム株式会社は、DSD256, L-PCM最高24bit/384kHzのハイレゾ音源を忠実にフルバランスで出力する据置型ヘッドホンアンプ「RAL-DSDHA5」を 2016年3月下旬より出荷開始いたします。

また、2月13日(土)開催予定の、フジヤエービック主催「ポタ研 2016 冬」にも、本製品を展示予定です。
フジヤエービック「ポタ研 2016 冬」公式サイトはこちら⇒

出力パターンは5種類の出力モードを搭載、
REX-KEB03と組み合わせれば、外出先でも好みのスタイルで楽しめる

RAL-DSDHA5は、バランス・シングルエンドをあわせた計5つの出力パターンで楽しむ事のできる据置型のヘッドホンアンプです。

バランス出力は、当社推奨の2.5Φマイクロジャック(モノラル)x2のRALモード、AKシリーズに採用される2.5Φマイクロ4極のAKモード、3.5φ⇔2.5φ変換アダプター(SONY PC-262S×2)を併用することにより、SONY製ヘッドホンをバランス駆動するSONY互換モードと、REX-KEB03同様の出力パターンはもちろん、据置型では定番のXLRバランスヘッドホン出力も搭載しています。 また、XLRコネクター(左側)中央にシングルエンド(6.3Φステレオ標準)コネクターを装備しています。

ポータブルヘッドホンアンプ「REX-KEB03」をすでにお持ちのお客様も、RAL-DSDHA5と併用する事で、これまでお使いのバランスケーブルがそのまま自宅でもお使いいただけます。

これにより、バランス化された音楽を外出先・ご自宅で、共にお楽しみいただく事が可能になりました。

    note
  • ※ 2.5φマイクロモノラルジャック×2を接続する場合は必ずLch側を先に接続してからRch側を接続してください。
    ※ DSDフォーマットの音源を再生する場合は、DoP(DSD Audio over PCM Frames方式)に対応する音楽再生ソフトウェア(foobar2000*3/Audirvana Plusなど)で再生する必要があります。

その他特徴

  • ヘッドホン・イヤホンのボリュームカーブを切り替え可能
  • 高級オーディオ用DACとして定評のあるESS製DAC「ES9010K2M」を搭載
  • 高精度水晶発振モジュールを2基搭載表現力を最大限に引き出すフルバランス構成回路を採用
  • アナログ2ch出力搭載で外部アンプへ接続が可能
  • 入力はUSB, 光デジタルを搭載
  • パソコンとUSBで簡単に接続、お好きな再生ソフトウェアですぐに高音質を楽しめる など、
■名称: DSD256 & PCM 24bit/384kHz バランス駆動/標準シングルエンド両対応USBヘッドホンアンプ
■型番: RAL-DSDHA5
■標準価格: ¥60,000-(税別)
■JAN: 4949090921474
●報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室へのお問い合わせは >>> こちらから
●一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンターへのお問い合わせは >>> こちらから
製品情報