RAL -RATOC Audio Lab-
images

2013.12.19 新製品

入力から出力まで左右独立フルバランス構成回路を搭載
サウンドクオリティを存分に引き出すポータブルヘッドホンアンプが登場

ハイレゾ音源をより楽しむ為のポータブルヘッドホンアンプ

ラトックシステム株式会社はフルバランス ポータブルヘッドホンアンプ「REX-KEB02AK」を、1月下旬に出荷開始いたします。 また本製品は、ラトックシステム株式会社が開発・製造をおこない、株式会社アユートが販売をおこないます。
株式会社アユートのサイトはこちら ⇒

REX-KEB02AK は、デジタル出力(S/PDIF 同軸・光)が可能なオーディオ機器と接続し、デジタルで受け取ったのソースをD/A変換からヘッドホン出力まで、左右独立させて行うフルバランスの構成回路を採用した、ポータブルヘッドホンアンプです。オプション品のRCL-KEBSH1C/CR(SHURE SEシリーズ用)やRCL-KEBSE1(SENNHEISER製 HD25-1 II用)を接続することにより、フルバランス接続での音質を体感することが可能です。 また、シングルエンドのヘッドホンジャックも搭載し、普段お使いいただいているステレオミニプラグで音楽を楽しんで頂くことも可能です。また、2013年12月21日~22日に開催される「ポタフェス2013 in 秋葉原」にて出展を予定しています。

REX-KEB02AK 正面 REX-KEB02AK 背面

最新のESS製DAC「ES9018K2M」を採用
REX-KEB02AKに搭載されるD/Aコンバーターには、ダイナミックレンジが広く、高速クロック(80MHz)からマスタークロックの生成と、リクロックによるオーディオ入力のジッタ除去が特徴のESS製最新2ch DACのES9018K2Mを採用。 高級AVアンプなどに使用されるES9018のモバイル向けD/AコンバーターES9018K2Mの使用により、これまでの ポータブルオーディオ機器を凌駕するハイレゾ音楽の再生を楽しむことができます。

出力はバランス&シングルエンド出力の2系統搭載
REX-KEB02AKのヘッドホン出力にはバランスヘッドホン出力(2.5φマイクロ モノラルジャック×2)とシングルエンドのステレオヘッドホン出力(3.5φステレオミニジャック×1)の2系統を搭載。従来より普及するシングルエンド出力はもちろん、ヘッドホン/イヤホンのバランス駆動化へのグレードアップも可能です。

主な特徴

  • ハイレゾ音源をより楽しむ為のフルバランスポータブルヘッドホンアンプ
  • 最新のESS製DAC「ES9018K2M」を採用
  • デジタル入力(S/PDIF 同軸・光)を搭載
  • デジタルフィルタースイッチを搭載
  • 出力はバランス&シングルエンド出力の2系統搭載 ※1
  • 全帯域で誇張のないOCL回路を各ヘッドホン出力に採用
  • 内蔵電源にもこだわり国産のリチウムイオン充電池を使用

※本製品は、ラトックシステム(株)が開発・製造し、(株)アユートが販売します。 株式会社アユートのサイトはこちら⇒

※本機にはアナログ入力は搭載されておりません。対応する入力フォーマットは、
デジタル 同軸: 24bit / 16bit, 192kHz~44.1kHz
デジタル 光: 24bit / 16bit, 192kHz~44.1kHz となります。

※使用される光ケーブルにより正常に受信、再生できない場合があります。

※1. バランス出力は、通常のヘッドホン・イヤホン(3.5φミニプラグ)では接続することができません。2.5φマイクロプラグを使用し改造する、もしくは、オプション品を使用し交換する必要があります。 また、改造の際にはニッパー・はんだ・はんだごて等が必要です。

■名称: フルバランス ポータブル ヘッドホンアンプ
■型番: REX-KEB02AK
■標準価格: OPEN
■JAN: 4949090921177
●報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報室へのお問い合わせは >>> こちらから
●一般の方からのお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 サポートセンターへのお問い合わせは >>> こちらから
製品情報